数字は忘れよう。大事なのは見た目です

この本で何度も「○キロやせた」「○キロ太った」を繰り返してはいますが、実は私は体重をさほど気にしていません。ひとつの目安にはなりますが、それはあくまでも数字の問題です。それよりも大切なのは、「見た目」と「体感」です。たとえばダイエット(食事制限だけではなく、運動や代謝ケアも取り入れた「正しいダイエット」)をすると筋肉量が増えるので、体重も増えてしまうということはよくあります。同じ重さの筋肉と脂肪を比べると、脂肪は1・3倍もの体積があります。ですから、ダイエットを頑張って体が引き締まった場合、見た目は細くなっているのに体重は増えた、ということは十分ありえますが、ここでポイントなのは「見た目」であって、体重計の数字ではありません。

私がハードな食事制限をしてやせたとき、会社のスタッフにこう言われたことがあります。「未奈子さん、確かにやせましたけどちょっとやつれたかも」。ガーン!

あわてた私は、母に聞いてみました。「私、やせたんだけどどうかな………」。お世辞や気休めを言わない母はズバリ答えました。「確かにやせたわね。でも、幸せオーラは消えてるわよ」。そう、ダイエットにはこんな落とし穴があるから気を抜けない。細いけれど不幸せそうなら、多少ふっくらしてハッピーそうなほうが絶対いい(笑)。いずれにせよ、オブラートに包まず、ズバリと見た目を指摘してくれる友人や家族の存在は大切!無理なダイエットをしているときは、肌や髪にツヤがなくなる、乾燥が進むといったサインが出ているので、自分でも見た目をチェックすることが大切です。
そしてもう1つ、「体感」も大事にしてください。たとえば先ほど例にあげた「筋肉量が増えて体重が増えた」場合、体が軽くなった、疲れにくくなった、手足の冷えがなくなった、といった変化を体感できるはずです。これは、ダイエットがうまくいっている証です。なかなか汗をかかない体質のはずが汗をかくようになったとか、眠りが深くなったなんていうのも、代謝が上がっていればこそ。こういった体感は、体重計の数字よりもはるかに信用できます。レコーディングダイエットなど、数字を見ることが励みになるという方はもちろん、体重やカロリーを記録し続けていただいていいと思います。けれど、数字よりもそれなら朝食をスキップ!お昼に調子にのってデザートまで食べてしまい、夕食どきになってもお腹がすかない………、だったら夕食をスキップ!こういうふうに、「今、お腹がすいているのか」「本当にそれを食べたいのか」を常に自分に問いかけてみてください。

「もったいない」も同様です。もはや国際語にもなっているくらいの美徳ですが、あなたの体はゴミ箱ではありません。お腹は満ち足りているのに「もったいないから」と詰め込むのでは本末転倒です。一度、思い切って「お腹いっぱいだから」と、その食事を残してみてください。きっと、「食材を無駄にしちゃった」「せっかく作ったのに、あーあ」といった、とても残念な、嫌な気持ちになります(実際に私もそうでした)。その気持ちをしっかり脳に刷り込みましょう。調子にのってオーダーしすぎたらこうやって捨てることになる。バンバン作って余らせるより、「今日食べたい量」を考えるべき………、といった反省が生まれます。これぞ「自分マインドコントロール」のチャンスです!食べたいものを、食べたい分だけ食べる。こういった、しごくまっとうな食べ方がだんだん身についてきます。

それからもう1つ、たとえばケーキとか揚げ物とか、あからさまにカロリーが高くて太りそうなものも、決して禁止にしないでください(好きじゃないから食べなくても平気、という方はもちろんいいのですが)。ただし「3日ルール」をもうけること。食べたいならケーキを食べてもいいんです。ただし、前後の3日以内は節制をする。いったん「昨日も食べちゃったし、もういいかしら」と自分を甘やかし始めると、どんどん歯止めがきかなくなりますから。でも、3日ルールを意識すると食べすぎは防げますし、週に2度は好きなものを食べられるのですからさほど辛くはありません。「しょっちゅうは食べられないから」とケーキを選ぶときに気合が入りますが(笑)、それも楽しみの1つでいいと思います。

無理はしない、ガマンはしない。ただ、たいして食べたくもないものは絶対に食べない。こうやって書くとあまりに当然のことに聞こえますが、ちょっと意識するだけで食生活がかなり変わります。自分の生活にいかにムダ食いが多いか、きっと愕然とするはずです。

リポくらいセルで食事の量はそのままに

あまり食事制限しないほうが良いということはこれまで書いてきたとおりです。でも食事の量を減らさないと痩せないんじゃ…と思っていませんか?実はそうではありません。 今話題のダイエットサプリリポクライセルを飲めば、体の代謝力を上げる効果が期待できます。代謝が上がるということは、消費カロリーも上がっているということ。すなわち、今の量を食べてもOKなんです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*