骨盤をチェックすれば姿勢は良くなる

私は日本人の美意識の高さは世界一だと、常日頃感じています。みなさんおしゃれで、きちんとメイクをして、スキンケアにも実にくわしい。でもそれと同時に、とても残念に思っていることがあります。それは「姿勢の悪さ」です。肩が前に出て猫背ぎみの方がたくさんいます。そうなると、せっかくのファッションも格好よく見えないのがもったいない!私も自宅での子育てとオフィスでのデスクワークを繰り返しているうちに姿勢が激変しました。

生活の基本動作が、ほとんどが「前」ばかりなのです。PCに向かっているときもずっと肩が前に出た状態で、家でも子どもを前かがみになって抱き上げたり、授乳したり、遊んだり。そんな毎日を続けているうちに、以前はなかった肩コリやむくみが出てきました。そう、気づいたときには、私も立派な猫背になっていたのです。

その後、必死にダイエットをして、やせたけれどキレイじゃなかったのは、すでにお話しした通りです。「育児やつれ?」なんて言われてしまった不健康な印象の原因のひとつには、姿勢もあったでしょう。ある日、街中でウィンドウに映った自分の立ち姿を見て青ざめました。背中は丸く、やせているのにお腹はぽっこり。呼吸は浅く、息をするたびに小さく肩が上下しているような状態でした。こういったときは、「いけない、姿勢をよくしなくちゃ!」と慌てて背筋をピンと伸ばしがちです。でも、これでは背骨の自然なS字カーブに逆らってしまい、下半身の歪みはそのままになってしまいます。問題は実は上半身ではありません。土台=下半身のバランスがよければ、上半身は自然と整ってくるのです。

そこで意識したいのが「骨盤」と「肩の位置」です。日本人のほとんどは骨盤が後傾している「猫背」か、前傾している「反り腰」です。実は、正しい姿勢をとれている人はごく稀なのです。まず、自分の姿勢をチェックしてみましょう。

鏡を横にして立ちます。自分の姿を映したとき、耳と肩、ひじ、かかとは一直線のラインになっていますか?耳やひじが体の前にあるという方は、立派な猫背です。今度は、壁を背にしてぴったりと体をつけてみましょう。このとき、腰と壁の間に手のひらを入れられますか?手がするりと入ってしまうという方は反り腰です。スポーツをやっているという方、姿勢をよくしなくちゃという意識の高い方には比較的反り腰が多いようです。いずれにせよ、どちらのタイプも腹筋が使えていないためにお腹がぽっこり出て、呼吸が浅くて巡りが悪く、体は冷えがち。脊柱起立筋というコアの筋肉がさぼるため、基礎代謝も落ちてしまいます。

逆に、姿勢がよくなると「やせたように見える」という視覚効果もありますし、なんと基礎代謝が8%アップするという報告も。8分だらっと座るのと正しい座り方をするのでは、4.3kmも消費カロリーに差が出るといったデータもあります。たかが姿勢、されど姿勢。

こうやって考えると、辛い食事制限や苦手な運動をするよりも、姿勢を美しく保つほうが近道だと思いませんか?

無理な食事制限は髪をボロボロに

ダイエットのために食事制限をしたら、結果的に髪の毛がぼろぼろになったことはありませんか?枝毛や切れ毛…こんな髪の毛ではせっかく痩せたことも無駄に。実は髪の毛の室は栄養と直結しています。ですので、クレムドアンを使って、髪の毛に栄養を与えましょう。クレムドアン クリームシャンプーはオーガニックですので、安心です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*