見た目

良い油と悪い油があること知ってますか?

脂質は体重、糖質は体脂肪」というのがダイエットの基本。脂質=油は肌や髪のツヤを生み出したり、私たちにとって大切なホルモンを作り出してくれるので、制限しないというのがポイントでした。ダイエットサプリには、「油をすべてカットする」タイプのものがあるのですが、たとえばビタミンAやD、Eといった大切なビタミンまでカットされたらたまりません!ダイエットサプリを選ぶ場合には、「糖質だけ」をカットするタイプを選んでください。

そしてもう1つ、大切なポイントが「油の種類を見極める」ということ。油ならなんでもいいわけではなく、キレイのために必要な油と、そうでない油があります。最近「オメガ3」という言葉がよくテレビや雑誌でも使われているので、耳にされたことがあるかもしれません。これは、私たちの体で作ることができない「不飽和脂肪酸」のうちの1つ。体内の炎症を抑える働きもあるのでアンチエイジングには欠かせない油で、アレルギーを抑えたり、頭の働きをよくする効果もあると言われています。そんな大切なオメガ3を含む食品としては生の青魚(イワシやアジ、サンマ)、くるみ、シソ油、アマニ油、エゴマ油、チアシードなどがあります。

…この食品群を眺めて「ここ1週間、これらを摂ってないわ」という方も多いのではないでしょうか?実は私もそうでした。たとえば、料理をするときによく使っていたのはサラダ油やゴマ油。これらは「オメガ6」というグループで、体では作り出せない大切な油ではありますが、現代的な食生活では過剰に摂ってしまいがちなもの。オメガ3とオメガ6のバランスは1:4が適正とよく言われますが、日本人の典型的な食生活だと1:9くらいになってしまうのだそう。オメガ6が過剰だと体内の炎症が進み、肌や血管の老化が促されたり、アレルギーが悪化しりといったトラブルが起きてしまうのです(ちなみに、もうひとつ「オメガ9」というグループがあり、オリーブ油はここに含まれます。

加熱に強く悪玉コレステロール値を下げる働きもあるので、調理用の油としておすすめ。現代的な生活で摂りすぎたり不足したりといった問題はない油なので、ここでは詳しく触れません)。ですから、「オメガ6の過剰摂取を抑える」と「オメガ3を積極的に摂る」の2つを、同時に行う必要があるのです。

ここで肝心なのは、オメガ3が熱に弱いという特徴です。アメリカでは冷蔵で売られているほどですから、加熱調理に使うのはもってのほか(それに、オメガ3系の油は高価なので、加熱してしまってはもったいない!)。エゴマ油やシソ油、アマニ油のいずれかを冷蔵庫に常備して、サラダにかけたり、スプーン1杯くらいをそのままいただくのがおすすめです。ヨーグルトやスムージーをいただくときに、少しプラスするのもいいですね。また、温かいスープ類でも、食べ直前にかけていただくのであれば問題ありません。最近はオメガ3系のサプリメントもたくさん登場していますから、忙しい方であればそれを利用するのもいいでしょう。

骨盤をチェックすれば姿勢は良くなる

私は日本人の美意識の高さは世界一だと、常日頃感じています。みなさんおしゃれで、きちんとメイクをして、スキンケアにも実にくわしい。でもそれと同時に、とても残念に思っていることがあります。それは「姿勢の悪さ」です。肩が前に出て猫背ぎみの方がたくさんいます。そうなると、せっかくのファッションも格好よく見えないのがもったいない!私も自宅での子育てとオフィスでのデスクワークを繰り返しているうちに姿勢が激変しました。

生活の基本動作が、ほとんどが「前」ばかりなのです。PCに向かっているときもずっと肩が前に出た状態で、家でも子どもを前かがみになって抱き上げたり、授乳したり、遊んだり。そんな毎日を続けているうちに、以前はなかった肩コリやむくみが出てきました。そう、気づいたときには、私も立派な猫背になっていたのです。

その後、必死にダイエットをして、やせたけれどキレイじゃなかったのは、すでにお話しした通りです。「育児やつれ?」なんて言われてしまった不健康な印象の原因のひとつには、姿勢もあったでしょう。ある日、街中でウィンドウに映った自分の立ち姿を見て青ざめました。背中は丸く、やせているのにお腹はぽっこり。呼吸は浅く、息をするたびに小さく肩が上下しているような状態でした。こういったときは、「いけない、姿勢をよくしなくちゃ!」と慌てて背筋をピンと伸ばしがちです。でも、これでは背骨の自然なS字カーブに逆らってしまい、下半身の歪みはそのままになってしまいます。問題は実は上半身ではありません。土台=下半身のバランスがよければ、上半身は自然と整ってくるのです。

そこで意識したいのが「骨盤」と「肩の位置」です。日本人のほとんどは骨盤が後傾している「猫背」か、前傾している「反り腰」です。実は、正しい姿勢をとれている人はごく稀なのです。まず、自分の姿勢をチェックしてみましょう。

鏡を横にして立ちます。自分の姿を映したとき、耳と肩、ひじ、かかとは一直線のラインになっていますか?耳やひじが体の前にあるという方は、立派な猫背です。今度は、壁を背にしてぴったりと体をつけてみましょう。このとき、腰と壁の間に手のひらを入れられますか?手がするりと入ってしまうという方は反り腰です。スポーツをやっているという方、姿勢をよくしなくちゃという意識の高い方には比較的反り腰が多いようです。いずれにせよ、どちらのタイプも腹筋が使えていないためにお腹がぽっこり出て、呼吸が浅くて巡りが悪く、体は冷えがち。脊柱起立筋というコアの筋肉がさぼるため、基礎代謝も落ちてしまいます。

逆に、姿勢がよくなると「やせたように見える」という視覚効果もありますし、なんと基礎代謝が8%アップするという報告も。8分だらっと座るのと正しい座り方をするのでは、4.3kmも消費カロリーに差が出るといったデータもあります。たかが姿勢、されど姿勢。

こうやって考えると、辛い食事制限や苦手な運動をするよりも、姿勢を美しく保つほうが近道だと思いませんか?

効率的に痩せるには

効率的に痩せるために大事なのは【加圧】です。体に圧力を掛けることで、代謝をアップさせるんです。 クリスチャントルソーという加圧インナーは、加圧力が高く、ダイエットに最適のインナーです。